ただ「私」であれる時間の大切さ

三連休前からずっと仕事が集中し、11月の山場その1を迎えておりましたーふいー

ラジオパーソナリティー/salon de Rische、平 旬里(たいら じゅんり)です。

やはり仕事が集中すると、朝早く起きたとしてもすぐに出かける準備をして仕事場へ行き、帰ってきてごはん食べて寝て、起きたらまたすぐ仕事場行っての繰り返しで、どうしても自分の時間がとれなくなりますね。。。

忙しいくらいがちょうどいい!という人もいるでしょうけれども、私の場合これが続くと時間に追われるし自分でリズムがつくれないしで、あーもうムリーーーーー><となってしまうタイプ。

それでも昔は、「忙しい=仕事ができる人気のある人」みたいな思い込みもあったし、仕事なのだからガマンしなきゃという気持ちもあって、なんとか無理をしてでもそのスケジュールをこなす、みたいなこともやってました。

でも今はもう、自分に嘘はつけなくなってきたなと感じます。。。

 

ならば!この忙しさのピークを少しでも心地よく気分良くいるために、自分のための時間をほんの少しでもとる!と決めて、朝もかなり早めに家を出発し、今ハマっているリアリティ番組をNetflixで観ながらカフェでモーニングをし、ノートを開いて自分MTG♪

 

 

 

(←こういうの理想!)

この時間を過ごしてから仕事場に入るようにしたら、心の充実度や一日の満足度がぜんぜん違うんですよね◎

(ちなみにNetflixは、先日ラジオでも熱く語った笑「ネクスト・イン・ファッション」もしびれたし、「メイクアップ・スター」も最高だったし、今は「インテリアデザインマスター」をワクワクしながら観ています!これについてもまたお話したい!!)

 

思うに、例えば私だったら司会の仕事をする日だとすると、「司会者」という役割を演じていて、それはもちろん私の一部ではあるけれどもすべてではない。

これって仕事をする上での肩書きや役割のことだけではなくて、例えば「妻」「お母さん」「娘」などなど、皆それぞれの役割を持っていると思うんです。

でもね、何者でもないただの「私」である時間てとっても大切。

本当の自分の声に耳をすましたり、これからどうありたいのかに自由に思いを巡らせてみたり。

本来の自分に戻れる時間だから^^

 

忙しい人ほど、ただ「私」であれる時間、とってみてくださいね♡

 

 

平 旬里

関連記事

  1. 自分が一番の自分ドクター♡

  2. 「私」が伝わる色選びをしよう♡

  3. やらないことリストをつくろう♡